バリ絵画・バリアートの専門店 アート・ルキサン ご利用のご案内 トップページ
 
 
 
 
 
 

 Wardita 作品:精霊の棲む島 2019年制作
(動画でのご紹介→ 【YouTube】
品番 9A240
タイトル名 精霊の棲む島
作家名 WARDITA
技法 油彩画
絵サイズHxW 70cmx90cm
額サイズHxW 82cm x 102cm
価格(額付) ¥350,000
 制作中動画→ 【facebook】 
 
【神々の棲む島】を彷彿させてくれる神秘的で幻想的な作品です。絵の何処にも神様は登場しませんが、精霊たちが大きな菩提樹に化身したり鹿やウサギ、猿等の野生動物たち、それに湖水に映る満月に化身して絵の中に潜んでいるようです。ワルディタ氏の新しい創作方向を垣間見せてくれる、新年を飾るのに相応しい大作です。

幽玄な菩提樹の下、松明の明かりを囲んで繰り広げられる村人たちのケチャ奉納演劇と、それを眺める野生動物たちの姿が、月明かりに照らされて浮かび上がっています。寺院では満月の祭礼でしょうか、神様への捧げ物を持った村人たちが集まり、境内にはお祈りを捧げる村人の姿が見えます。農村の生活風俗と神と自然の恵みへの感謝と祈り、それら全てが凝縮されてこの作品に込められています。シュピースが「魂のある人々の暮らす土地」と表現したことを思い出せてくれる、記念碑的な傑作です!

この作品は、経年して十分に乾燥した天然チーク材の全面に木彫りを施した、重厚な木製額縁に入れてお届けいたします。

    ---アトリエにて制作中のWardita氏 ---
【動画へのリンク】
 I Wayan WARDITA 略歴

1976年バリ島パヤンガン村のアーティストコミュニティの一族に生まれ、7歳のころより祖父に伝統絵画を習い始める。
ウブドの美術高校に進学してワルター・シュピースの描く幻想的な絵画世界に強く惹かれるようになった。その後、試行錯誤を重ねながらシュピース・スタイルと呼ばれる、自然と人間社会とが共存する幻想的な風景画の世界に歩きはじめる。
参加絵画展:
2012 Bali Deep Exitibion at Museum Puri Lukisan Ubud
2013 Bali Deep Exitibion at Museum Puri Lukisan Ubud
2014 Master piece Fine Art Auctien in Jakarta
2017 Exhibition TAKSU BALI at Alber Art Gallery in Jakarta.

WARDITA氏の全作品に
CERTIFICATE(真正証明書)
をお付けします!
 


  商品の仕様
商品名 キャンバスに油彩
原産地 インドネシア
状態 良好
額縁 チーク材の木彫額縁
吊り下げ金具 額の裏面に吊り下用紐付

ご注文はこちらから

Order Form

送料 無料サービス適用
 ブラウザの「戻る」で前のページにお戻りください ■