ウブドの絵画ギャラリー Lost In Paradise  Gallery
 Lost In Paradise
MADE TEGIG
PENESTANAN-KLOD,UBUD
電話:+62 859 3512 5953
(マデ・テギ)
バリ絵画の専門店 アートルキサン 運営
アート・ルキサンのHP

Gallery Lost In Paradise

バリ絵画 WIRANATA作品はじめに・・・

バリ島は、大航海時代のヨーロッパ人に東インド諸島と呼ばれたインドネシアの島々の一つです。長い歴史の中で侵略と宗教、人種と文化が西のジャワ島から押寄せてきたにもかかわらず、独自のヒンドウ文化を育み守り続けてきた奇跡の島です。

20世紀初めに起った二度の世界大戦の混乱の中、地上の楽園を夢見てヨーロッパの芸術家たちが移り住みました。そんな彼等の足跡が色濃く残る、中央部ウブドのプネスタナン村に、バリ島伝統絵画を伝承する地元の若手画家たちの作品を展示する【Gallery LOST IN PARADISE】 が誕生しました。魂を持った人々が暮らす熱帯の島の伝統バリ絵画の世界を心ゆくまでお楽しみください。



バリ絵画 TEGIG作品管理人TEGIG(テギ)からのご挨拶


私が生まれたプネスタナン村はウブド王宮の西、チャンプアン川沿いの小高い丘の上にあります。1960年にオランダの画家アリー・シュミットが絵画スクールを開いた村として有名で、村の若者が日々の暮らしや祭りを描いた絵がヤングアーティスト・スタイルと呼ばれるようになりました。

管理しているTEGIGさんご夫妻この辺はバスやトラックの輸送街道から外れとても静かですので、村人の生活や画家のアトリエをのんびりと歩きながら散策することをお勧めします。

南の方角に歩くと村を外れた辺りに寺院があり、そのまま行くと水田や畑のある田園風景の中に私たち家族の住む自宅兼ギャラリーがあります。

2010年に同じ敷地内に安心してバリ島ウブドの滞在を楽しんでいただくための宿泊施設【Cottage LIP】を併設しました。

皆様のバリ島での休暇が素敵な想い出になることを、心よりお祈りしております。
Enter Gallery ↓
バリ絵画メインギャラリー
レンタル アート スペース(貸画廊) のご案内 ――――――――――――――――――→ 詳細  
施設内に長期滞在者向けの宿泊施設 COTTAGE LIP が完成しました ――――――――→ 詳細  
第二回企画 「Walter Spies Style Painting 展」 は終了いたしました――――――――――→ 詳細  
  最新情報  
お散歩 MAP



WALKING
AROUND
UBUD
店主の旅日記〜バリ島探訪記〜

ギャラリー 外観 玄関のカエル石像
ギャラリーLIP 外観
ギャラリー内部 ギャラリー入口
ポーズをとる幸運の女神(家主のお嬢さん)


ギャラリー周辺の地図


より大きな地図で Gallery LIP を表示


日本一のバリ島リンク集Zakka Search e-shops教えて!バリ
本サイト内のコンテンツおよび画像の無断転載を禁止します。         Copyright (C) 2001-2012 ART LUKISAN All Rights Reserved